デジモン

デジモン

『デジタルモンスター』縮めて『デジモン』

2015年にはまさかの新作映画が公開されるということで
密かに期待している方も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

初代アニメデジモンアドベンチャーの放送開始が16年前の1999年3月。
当時は小学生だった選ばれし子供達も今では20代の半ば~後半です。

この記事ではそんなデジモンの誕生から現在までを簡単にまとめています。

デジモンの誕生

121-degimon-2


時は1997年、当時はバンダイが発売した携帯ゲーム機「たまごっち」が社会現象を巻き起こしており、
各社が類似商品をリリースするポストたまごっち戦争の真っ只中でした。

そこに同社が”戦うたまごっち”をコンセプトに投入したのがデジタルモンスターです。

スマッシュヒットとはいかなかったものの一定の人気を獲得し、1年間で5種類を発売。

バージョン毎に本体色が複数展開されており、
友達とフレームを交換してカスタマイズするという楽しみ方もありました。

都市部では公式大会D-1グランプリが開催される等、徐々に盛り上がりを見せていきます。



新シリーズへ

121-degimon-3


翌年1998年秋には後継となるデジモンペンデュラムに移行。

前衛的過ぎるCMが記憶に残っている人も多いのではないかと思います。

その後も次々と新作をリリース。

初代の発売から実に10年に渡るロングランでしたが、
残念ながら2007年以降は携帯ゲームに関しては音沙汰無しとなっています。

旧作品のアプリ版とかでも大歓迎なのでバンダイさんお願いします



アニメ

121-degimon-6


本流である携帯ゲーム以外にもアニメ・TVゲーム・玩具・カードゲーム等、
幅広く展開しているのがデジモンの大きな特徴です。

中でも爆発的人気の火付け役となった
アニメ1作目デジモンアドベンチャーの存在感が際立っています。

OPテーマ「Butter-fly」も根強い人気を誇り、カラオケの定番ソングとして定着しています。
個人的には進化曲「brave heart」がイチオシ!

冒頭でも触れた通り1999年にTVシリーズがスタートし、2012年までに8作品が放映されました。

特に2001年放送開始のデジモンテイマーズは、従来のパートナーの在り方に疑問を投げかけ、
「俺自身がデジモンになることだ」という新たな方向性を示しました。

余談ですが、歴代の主人公達は2006年にデジモンセイバーズ
主人公大門 大が登場するまでの長きに渡って、ゴーグル着用の義務が課せられていました。

シリーズの掟を打ち壊したこの男、素手で究極体デジモンを殴り倒す等の功績が認められ、
ネット上では尊敬の念を込めてマサルダイモンの愛称で親しまれています。

映画も必見!

映画作品はこれまでに計9作品が公開されていますが、
ファンならば2000年公開の
デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!は確実に押さえておきたいところ。
約40分と短いながらも非常に”熱い”作品に仕上がっています。

同じく細田 守が監督を務め、大ヒットを収めた「サマーウォーズ」の原点とも言われています。

そして今年2015年11月には待望の新作デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」が公開!

タイトルの通りデジモンアドベンチャーシリーズの作品となっており、
高校生となった選ばれし子供達の活躍が6章に渡って描かれるようです。


121-degimon-7


この記事が上がっている頃には既に視聴済みの方も多いのではないでしょうか。
非常に楽しみです。



その他



121-degimon-5


個人的に思い入れの深いTVゲームについても少し触れておきます。

一時はデジモンゲーム=ワンダースワンという負のイメージが定着しつつありましたが、
今回ピックアップするのは1999年に発売されたプレイステーション専用ソフトデジモンワールドです。

デジモンの基本である育成バトルの要素を3Dで再現。
グラフィックのレベルも当時としては非常に高いものでした。

ストーリーやり込み要素も申し分無く、無理矢理欠点を上げるとすれば
育成可能なデジモンの種類がやや少なかったことでしょうか。

調べてみたところ、現在はプレミアが付いており安価で入手するのは難しいようです。

2012年にはPSPで本シリーズの新作が7年ぶりに発売され、
翌2013年には3DSにてパワーアップ版が発売されています。

更に2016年にはPSVITAでデジモンワールド –next 0rder-が発売予定となっている他、
新作スマホアプリデジモンリンクスの情報も出てきています。

映画をきっかけにもう一度デジモンの”波”が来ることを切に願っています。

今後の動向には要注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ryo管理人

投稿者プロフィール

コロコロ派
ボンボン派を憎んでいる

特技は減量

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. dekigoto

    2015/10/4

    出来事
  2. hit

    2015/10/4

    ヒット曲
  3. tvcm

    2015/10/4

    TV番組・CM
ページ上部へ戻る