Dr.リンにきいてみて

Dr.リン

女の子の憧れ!戦う風水漫画


りぼん、なかよしと並んで3大少女漫画雑誌として有名なちゃお。

女の子版ポケモン漫画であるpipipiアドベンチャー、こっち向いてみいこなど様々な人気作品と作家を輩出している雑誌です。

その中で一際存在感を放っていたのがDr.リンにきいてみて!。

1巻の表紙

主人公の神崎明鈴はドジでおてんばな中学生。同級生の結城飛鳥くんが大好きな普通の女子中学生なのですが、実はそれは仮の姿。

実は明鈴、学校で話題になっているホームページ「風水師Dr.リン」本人。

そしてそのホームページを運営しているのはお兄ちゃんの餃子。ドタバタ家族の楽しい物語なのです。

ここまではよくあるラブコメ。誰しもが飛鳥くんとの甘酸っぱい青春が描かれている漫画だと思いがちですが、読者の想像をはるかに上回る展開が繰り広げられるのです。



風水の力で変身!そして敵をボコボコ!


最初に現れる敵は常盤崇くん。中学生でありながらナチュラル金髪、そして超がつくほどのナルシストなのです。

236-asukatokiwa

(左が飛鳥、右が常磐くん)

闇の王という非常にざっくりした説明の敵が最後まで出てくるのもこの漫画の特徴。

常盤くんは闇の王にその心を乗っ取られた七尾というペットのキツネに心を乗っ取られているというイタコ状態だったのです。そんな常磐くんが突如明鈴に攻撃を仕掛けます。

その時の攻撃方法は婦女暴行にほぼ近い行為、流血沙汰の暴力という少女マンガにしてはヘビーすぎるものでした。



危ない!明鈴、命の危機!

そんな時に覚醒した明鈴。冗談では済まされないレベルのダサすぎるコスチュームに身を包んでいました。

236-hensin

安っぽすぎるチャイナ服、そして足元は何故かルーズソックスなのです。時代を反映しすぎています。あらい先生!

基本的にこの漫画は全て風水によって攻撃します。まず風水で攻撃がどのような意味なのか分からないと思いますが、八卦からビームのようなものがさく裂します。

236-hakke

(tomyも乗っかってすかさずおもちゃを発売。このフットワークの軽さは流石なのです。)

そんなこんなで常盤くんから己の純潔と地球の平和を守った明鈴。しかしまだまだ明鈴を襲う敵は増えていくのです。



斬新!男の娘界に激震!

常磐くんが無事仲間になり、一件落着したかと思われた明鈴。しかしまだまだ苦悩の日々は続くのです。

次に現れたのは空手部に所属している四条万里。物静かな少女なのだが、これまた明鈴の命を狙っている一人だったのであります。

236-6kan

(左が万里、右がエディ)

しかしこれもまた闇の王に心を乗っ取られたシンシアというペットのパンダに心を乗っ取られた状態だったのです。

実はシンシアが万里に憑依していると、万里は身体が女体化してしまうのです。

得意の空手で戦う万里、そして八卦ビームで応戦する明鈴。

Dr.リンにきいてみて!は、キスとか告白とか、定番中の定番イベントを全てすっ飛ばかしてリアルファイトしかしない漫画になってしまっていたのです。

明鈴にボコられてから改心した万里とシンシアでしたが、今更男の制服を着て学校に行けないとなり女装して通学を続けることになりました。



面白外国人枠もきっちり確保!

月丘エディは貧乏な学生。白人と日本人のハーフなのですが、関西弁をべらべら喋るという謎のキャラです。

今までの流れと同じように、闇の王に心を乗っ取られたタコヤキというペットの鳥に心を乗っ取られた状態で登場します。

そしてこれも得意の八卦ビームでボコボコに…という展開で続くのです。

エディは今までのキャラと違い、心を乗っ取られてはいたけれども目的は報酬であったという金に非常に汚いキャラクター。少女マンガに出していいタイプではありません。



占いについて無駄に詳しくなれる!

今まで出てきたキャラクター達は皆、自分の得意な占いというものを持っています。

明鈴→風水

常磐くん→安倍晴明の血を引いており、陰陽術に長けている

万里→タロット占い

エディ→占星術

といった感じです。なんなら占いが何も使えないのは冒頭で登場してきた飛鳥くんだけなのです。

各々カードを飛ばしたり陰陽師ビームを出したりして攻撃していきます。

しかし飛鳥くんは自分の力以外何も信じないという孤高の存在で、襲い掛かってくるいかなるピンチにも己の拳のみで立ち向かう硬派なキャラなのです。

この4人の男の子たちは前世では四神と呼ばれており、明鈴を守る為の存在だったのです。

そして明鈴は光の巫女としてブイブイ言わせていたのです。

そして出てくるキャラクターはみんな明鈴のことが好きという少女マンガ的な展開がスタートします。

5巻までの展開が上記のとおりなのですが、ここからはいよいよ闇の王の存在が明らかになります。



怒涛の展開に目が離せない!

突如出現したキャラクターは兄・餃子の彼女という触れ込みの女の子、アズサ。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、彼女はやっぱり敵だったのです!!!

光の巫女である明鈴と闇の巫女であるアズサ。

しかしアズサはどこか態度がおかしい。何故か明鈴に強い嫉妬心を抱いているのです。

ここからが怒涛のデッドヒートです。実は兄の餃子は明鈴の兄ではなく、その存在を家族すら誰も覚えていなかったのです!!!

そう、闇の王の正体とは兄・餃子だったのであります!!!!

妹である明鈴のことが大好きというまさかの近親相姦的展開にもう眼が点になってしまいます。

この謎の3角関係と、本命の飛鳥と、忘れられがちな脇役3人衆。

彼らの恋の行方と地球の平和はどうなるのか、それは是非Dr.リンにきいてみて!全8巻と外伝を読んでお確かめください。



流行の影に占いブームあり

ドクターコパや心理テスト、占いにまつわる書籍や雑誌も多数発売されていた時期。

そんな時に鮮烈なデビューをしたのがDr.リンにきいてみて!です。恋愛が大好きな女の子と占いの相性はバッチリでした。

風水をはじめとする様々な占いを身近なものにしてくれたDr.リンにきいてみて!は、バイブル的な存在として愛している人は今でも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yuusama

投稿者プロフィール

お寿司と日本酒が好き。
田舎の子。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. dekigoto

    2015/10/4

    出来事
  2. hit

    2015/10/4

    ヒット曲
  3. tvcm

    2015/10/4

    TV番組・CM
ページ上部へ戻る