文房具

2238-1

ステキな文房具で筆箱を彩る。

いつの時代もステキな文房具は心を躍らせてくれます。
書くだけ、消すだけ、入れるだけではもったいない!たくさんのバリエーションやギミックで私たちの心をときめかせてくれました。
20代が懐かしいと思う文房具の数々をご紹介します。

キッズ大興奮!たくさんの色がこれ1本で。

bunbougu1
ロケット色鉛筆
実用度★★☆☆☆

懐かしい文房具の筆頭格といえばもちろんコレ。
先端には芯が刺せる穴が開いており、そこに好きな色の芯を差し込めばオリジナル色鉛筆の完成です。
これだけの色を揃えた色鉛筆を持ち運ぶのは非常に難儀です。
その点コイツはこれ一本で全てを塗りつぶすことができる画期的文房具なのです。

しかし、このロケット色鉛筆が文房具界の覇権を握れなかったのには残念だが当然な理由がありました。

①驚異の耐久性のなさ
グッと力を入れたらポキっと逝きます。
そして最悪のケースは折れた残骸が穴に詰まる事。再起不能に陥ります。アーメン。

②圧巻の色の薄さ
文字を書いたり色を塗る為に生まれてきたはずの代物なのに、発色の悪さはピカイチ。
図工の時間にこれで色を塗っていた猛者を私は見たことがありません。

③バギーもビックリ。筆箱の中でバラバラ
何よりもユーザーを困らせたのがこの理由。少しでも隙間があったり、詰めるのが甘いと散らばります。
上記の理由から決して大活躍した文房具とは言えませんでした。
しかし、コイツからどうしようもなくロマンを感じることは間違いありません。

言われてみれば、そんな匂いするかもね!

bunbougu2
香り付きボールペン
実用度★★★★

ちびっこガールの心を惹きつけてやまなかったのが、この香り付きボールペン。
特にゼブラ社から発売されておりましたプチコロンシリーズは、全国の小学校で人気を博しました。

用意されている匂いは全8種。
バニラやラベンダーなど分かりやすいものからせっけんという変化球までしっかり完備。
確かにいい匂いはする、そしてその匂いも残る。案外画期的な商品です。

もちろんジェルボールペンとしても大活躍できます。
しかし残念ながら2000年初頭に廃盤してしまった模様。
まだプチコロンが手元に残存しているギャル達よ、大切に使いたまえ。

心底しょうもない!でもそれがいい!

bunbougu3
おもしろ消しゴム
実用度★★★☆☆

たかが消しゴム。されど消しゴム。
リアリティを重視した造形の消しゴムも当時大流行しました。
謎のギミックを搭載したものも多数あり、腕が回るとか取り外し可能とかはザラでした。
しかし実際に使うには数々の試練が待ち受けています。

①可愛すぎて使えない(>_<)!
全く使われていない状態が完成形態であるおもしろ消しゴム。
つまり1度でも文字を消してしまうと完璧な姿ではなくなってしまうのです。
躊躇なく文字をガリガリ消すには若干の時間と勇気が必要です。

②おい!この消しゴム全然消えねえべ!
まと○る君やM○NOとは違い、消すことに特化していないおもしろ消しゴムたち。
当然その消し味は最悪なのであります。
そして新戦力として普通の消しゴムが筆箱に新規参入してきます。
筆箱の中でカスにまみれたおもしろ消しゴムよ、永遠に。

bunbougu4

そして一部勢力から絶大な支持を得ていたのがねり消し。
消すというより練って遊ぶという方向にシフトしたタイプの消しゴムです。
色んな匂いがするものがたくさん発売されていきました。
主な入手経路はそろばん塾。

カスタム幅は無限大!yes,シンプルイズベスト

bunbougu5
缶ペンケース
実用度★★★★

小学校入学と共に歩み続けてきたクソダサ高機能筆箱。
bunbougu7

それを卒業すれば、お次はランバードやバッドボーイが刻みつけられた布製筆箱。
bunbougu6

そして、「最小限のもので事足りるじゃねえか」という無我の境地に達した者が手に取るもの、それが缶ペンケースです。

基本は1段ですが、収容能力も欲しいワガママガールは3段モノを使っていました。はい、私です。
bunbougu5

安価で手に入る割に頑丈なのもウリ。
戦地に持って行ったんじゃないかってくらいボロボロで年季の入った缶ペンケースを使っている男子もいました。

シールを貼ったり文字を書いたり、唯一無二のオリジナル筆箱が作れるとあって女子の間でも大流行!
我ら友情永久不滅はネタじゃないんだ!本当に筆箱に書いていたんだァーッ。
恋愛ネタの名言を書いたり、友達と書きあいっこしたり。
こうして、本当に勝手にやってろ感満載のブツが仕上がるのです。

楽しい文化が手ごろな価格で楽しめる!日本ありがとう。

今をときめく20代のみなさんは、最後に文字を書いたのはいつだろうという毎日でしょう。
社会に放り出され、パソコンに向かう日々。
リフレッシュも兼ねて、しょうもない文房具に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
実家の勉強机の引き出しを開ければ、きっとゴロゴロ宝物が転がり落ちてくるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yuusama

投稿者プロフィール

お寿司と日本酒が好き。
田舎の子。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. dekigoto

    2015/10/4

    出来事
  2. hit

    2015/10/4

    ヒット曲
  3. tvcm

    2015/10/4

    TV番組・CM
ページ上部へ戻る