ビーダマン

1825-bdaman-1

男の子にとっての青春のバイブルコロコロコミックが世に広めたおもちゃは数知れず。

今となっては何故流行ったのか理解に苦しむものもありますが、
当記事では”流行ったけど結局最後まで遊び方が分からなかったおもちゃ”筆頭の
ビーダマンをピックアップしています。

ビーダマン爆誕

1825-bdaman-2
↑コラボ商品もたくさん

タカラ(現タカラトミー)が1993年に発売開始。
当時はTVゲームボンバーマンシリーズのキャラクターがモデルとなっていました。

今の20代のストライクゾーンは恐らくそのもう少し後。
1995年から商品展開されたスーパービーダマンの時代ではないでしょうか。

従来のシリーズと比べて競技性を重視しているのが最大の特徴です。
新たに”締め撃ち”の概念が生まれ、多くのをへし折ってきました。

ペットボトルマガジンを筆頭に競技を意識した改造が積極的に行われ、
コロコロでもよく特集が組まれていました。

マンガ

スーパービーダマンシリーズのスタートと同年、
コロコロで爆球連発!!スーパービーダマンの連載が始まりました。

登場するビーダマンのメカデザインが当時の男の子達の心を鷲掴みにし
玩具人気を不動のものとしました。

筆者のお気に入りはノーチラスポセイドン

ロータリードライブシステムとかロマンの塊じゃあないですか。

今見ても最高にカッコイイ。

1825-bdaman-3
1825-bdaman-4

他には「ワイのワイルドワイバーンや!」のセリフが無駄に有名ですが、
実は作中にはそのような発言はありません。

丸馬君への熱い風評被害です。

1825-bdaman-5

この手の作品ではお決まりですが、玩具で世界征服を目論む悪役達って
実は凄くピュアハートなんじゃないかと思う今日この頃です。

アニメ

1998年にオリジナルアニメBビーダマン爆外伝の放送が始まります。

毎週日曜日の朝7:00~の放送で、
所謂ニチアサキッズタイムの走りとなった作品でもあります。

マンガ版のビーダマンは人間の道具という立ち位置ですが、
このアニメでは搭乗して操縦するロボットとして描かれています。

1825-bdaman-6

主人公のしろボンが仲間のボンバーマン達と共に
悪の軍団ダークビーダに立ち向かう。

そんなストーリーです。

戦隊モノのような雰囲気が漂う異色作ですが、
明確なストーリーや派手なデザインが子供達に受け入れられました。

ただ、残念なことにまだDVD化されていません。

最近、2016年にボンバーマンジェッターズのBDが発売されるとの情報が発表されましたが、
その勢いで爆外伝の方もよろしくお願いします!

ビーダマンの今

2015年時点では、公式から新商品の情報は出ていません。

その為、現在最新シリーズとなっているのが
2010年~2013年にかけて展開されていたクロスファイト ビーダマンです。

1825-bdaman-7

おもちゃ屋やゲームコーナーに設置されている筐体と連動して
自分のビーダマンでゲームを遊ぶことができる
他、玩具としても確実にレベルアップしています。

もう15年早く出ていれば・・・

そのシリーズも現在では公式サイトからページが削除されてしまっている状況です。

ボンバーマンが戦場をアプリに移しましたが、
ビーダマンも何らかの形で復活してくれないかと願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ryo管理人

投稿者プロフィール

コロコロ派
ボンボン派を憎んでいる

特技は減量

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. dekigoto

    2015/10/4

    出来事
  2. hit

    2015/10/4

    ヒット曲
  3. tvcm

    2015/10/4

    TV番組・CM
ページ上部へ戻る