ミニ四駆

207-mini4wd-3

90年代半ば、子供達の視線を独占していたおもちゃと言えばミニ四駆でしょう。

やがてその親の世代も巻き込み、第二次ミニ四駆ブームが到来、社会現象となりました。

当時はオリジナルのコースを設置するおもちゃ屋も多く、
休日ともなれば自慢のマシン入りBOXを持ち込む子供達でごった返していました。

この記事ではそんなミニ四駆についてまとめています。


207-mini4wd-1

↑ビークスパイダーはジャスティス

>ミニ四駆の誕生

207-mini4wd-2


その歴史は意外とは古く、1982年まで遡ります。
当初は実在のオフロード車をモデル化していました。

1986年に子供をターゲットにしたレーサーミニ四駆シリーズが登場。
舞台がオフロードからオンロードへと移り変わりました。

その翌年からは青春のバイブルコロコロコミックにて
ダッシュ!四駆郎
の連載がスタート。

これが追い風となり、1988年から1991年頃にかけて第一次ミニ四駆ブームが訪れます。

しかしその後は若者の模型離れ等により、しばらく冬の時代を迎えることになります。



全盛期の到来

207-mini4wd-4


ブームの終焉から3年が経過した1994年、タミヤが仕掛けます。

コロコロコミックで新作漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!を掲載。
直後から人気を博し、2話読み切りの予定を変更して連載を開始しました。

そして作中に登場するマシンを再現したフルカウルミニ四駆シリーズを次々と投入。
20代が経験した第二次ミニ四駆ブームの幕開けです。

1996年にはアニメ放送が始まり、その人気はピークを迎えます。

この年の公式大会スーパージャパンカップ’96では
動員数が300,000人を超え、歴代最高を記録しています。

各メディアでも頻繁に取り上げられ、
中でも私はTVチャンピオンミニ四駆王選手権を毎回とても楽しみにしていました。

ディスプレイ用のリアルミニ四駆が登場したのもこの頃です。
知らずに買って失敗した方も多いのではないでしょうか。

ちなみに記念すべき第一弾はスピンコブラでゲス。



アニメ、そしてブーム終焉へ

207-mini4wd-5


一方その頃、アニメは続編の爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGPがスタート。
戦いの舞台はいよいよ世界へと移ります。

グランプリマシンには人工知能GPチップが標準搭載される他、各国が最先端の技術を惜しみなく投入しています。

アメリカ代表のNAアストロレンジャーズに至っては人工衛星まで持ち出す始末。

全員がNASAの研修生というエリート集団ですが、中でもリーダーのブレッド
齢12にしてマサチューセッツ工科大学を主席で卒業しているというトンデモ設定です。

コイツなんでミニ四駆なんかで遊んでんだ。

名言は「落ち着けハマーD!!」

他国の代表も魅力的なレーサーが揃っており、
特に高い人気を誇るのがイタリア代表ロッソストラーダのリーダーカルロです。

当初は勝つ為には手段を択ばない狡猾なキャラクターとして描かれていましたが、
第100話勝者の条件でそれまでの評価をひっくり返す大活躍を見せます。

それがファンの心を掴み、公式の人気投票では主人公兄弟に次ぐ3位に輝きました。

無事最終回を迎えた後、爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAXにバトンタッチ。

1998年末にはアニメシリーズが放送終了。翌1999年には漫画も完結し、
ジャパンカップも終了したことで第二次ブームも終焉を迎えます。

ただ、その後も細々と新商品のリリースは続きました。



まさかの再燃

207-mini4wd-6


2005年、タミヤは従来のシリーズから大幅に性能が上昇したミニ四駆PROシリーズを市場に投入します。

ダブルシャフトモーターの採用ミッドシップ化シャーシの3分割化が大きな特徴です。
公式レースも積極的に開催され、初めて年齢によるクラス分けが採用されました。

これにより高校生大人達が参加できるようになり、改造のレベルが急上昇していきます。

ミニ四駆誕生から30周年を迎えた2012年にはジャパンカップの再開を宣言。
その参加者は年々増加傾向にあるとのことです。

こうして今まさに第三次ミニ四駆ブームを迎えている訳ですが、
今回の主役はかつての第一次ブームを支えた子供達。

そう、オッサンです。

「乗るしかない このビッグウェーブに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ryo管理人

投稿者プロフィール

コロコロ派
ボンボン派を憎んでいる

特技は減量

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. dekigoto

    2015/10/4

    出来事
  2. hit

    2015/10/4

    ヒット曲
  3. tvcm

    2015/10/4

    TV番組・CM
ページ上部へ戻る